2009-02-20
『ハニカミおじじ』

 電車の中での化粧ももうかなり普及しつくして、やや下火になりつつあると思います。
面白いのは、例のルーズソックスの時等と同じで、こう云う下火になってからも未だと云うか今頃になってからと云うか、それをやる人を見ていると、大変申し訳ないのですが、いささかダサイ感じの人が多いようです。まあ全ての流行の末期現象がそう云うものかも知れませんね。
車中化粧も結局の所単なる流行りもので、必要だからやっていたものとはとうてい思えません。
電車に乗って座席に座るなりバックを開けて皆同じ様にやや大きめの四角い鏡を取り出して、ビューラー等と云う結構こった道具も使ってセカセカと始めるのですが、目の後は頬そして口紅へと進みます、紅もリップクリームを直接付けるのではなく小筆に取って付けます。

平成二十一年『建国記念の日』


これで電車を乗換えたらその時はまた最初からやり直していたんでしょうかね?
 変わって近頃流行始めているのが、人前移動時飲食でしょう。電車のなかや、はては道を歩きながら、やや本格的に食事をするのです。車中化粧と違ってこちらは、男女ともにありますが、やや女性の方が多いようです。これも流行りものでしょう。こういったものは結局最初に誰かがやり始めるのでしょうが、それを見て「かっこいい」とでも思って、真似し始めて普及して行くのでしょう。そしてそれが加速して来て、そうせざるを得ない大勢が追従して行くのでしょう。
 車中化粧にしろ、移動時飲食にしろ、共通しているのは、彼ら(彼女ら)の視界の中には、もはや我々他人は居ないと云う事です。完全に居ないのでは無く、実は見えているんです。しかし意図的に無視しているんです。そこのところが大変怖いのです。人を無視してやっているように見せて、その実、人から見られていると云う事に結構快感を感じてやっているはずです。ですから、車中化粧で、電車を乗り換えた時にはどうするんでしょうね?と思ったんです。たまたま全く無人の電車に乗ってしまったら多分やらないんでしょうね?
こんな事言ってておやじ狩りにあうよりも、むしろ無視されている方が安全かも知れませんが。
 私等は、人前で(特に見ず知らずの)食事をする姿を見られるのは、かなりはずかしいと云う感じがします。ものを食べている時と云うのはかなり無防備な状態で、あまりひと目にはさらしたくは無いものです。犬なんか食事中にチョッカイを出すと本気で怒りますから危険です。
一人で飲食店に入ると「相席」をさせられて、私はこれが苦手です。お店の効率上月仕方が無いので、相席専用に大テーブルが用意してある所もあります。向こうは全く眼中にも無く、意識のし過ぎと言われるんでしょうが、そうした時に全く知らない妙齢の女性と向かい合わせにでもなったりすると、もうアガってしまって汗が次々と出て来てハンカチで汗をふきふき焦ります。
 そもそも妙齢の女性が一人で、ラーメンを食べていたり、カツ丼を食べていたり、と云う図があると、よっぽど何か深い訳でもあるんじゃないだろうか?何か悲しい事情でもあるんじゃないだろうか?等と詮索してしまいますが、聞く所によると、どうも近頃では若いおねえちゃん達が一人で牛丼を食べにでも行くようです。さすがに私は牛丼だけは苦手で、いまだに食べに行った事が無いのです。一人ではやっかいなのが、鍋物や焼き肉だろうと思われるのですが、近頃どうもこれらも一人用の店が出来ているようです。
こんな時代遅れな事を言っていても仕方が無いんでしょうが、どうも釈然としないものはあります。
 そもそも、我々は子供の頃に、立って食べるのはお行儀が悪いと教えられて来たのですが、立ってどころか歩きながらですから。ホームでの立ち食いソバなんて云うものはお忙しいむきにはいたしかたないとは思いますが、立ち飲みを売りにするお洒落な店も流行ったりもしました。ただ今度の流行はそういう事の影響でもなさそうです。何故歩きながら食べなくてはならないのかはおじじには深いナゾです。 

     
                        2009.02.16.