2009-08-19
国旗を切り張りして党のマークにした民主党

改めて民主党員へ国旗『日の丸』を教えてやろう

これが『国旗』


こんな政党に政治を語る資格なぞ無い。政党以前の問題だ 事後に何と言いくるめようとしても言い訳なんぞに聞く耳は無い。
民主党集会で日の丸を加工した「党旗」が掲げられた問題で、「誠に不適切だった」
「日の丸を切り刻んで作った民主党旗が掲げられた。悲しく許し難い行為」
いったい何処の国の政党なのか?改めて問うてみたい。

隣の人を見れば『故意』ではと危惧する。

会場に掲げられた民主党のマークが「国旗を切り張りして作られたものだった」と指摘した。

 民主党の鳩山代表はその場で「そんなけしからんことをやった人間がいるとすれば、大変申し訳ない」と謝罪した。

 この集会は、今月8日に民主党の鹿児島県内の衆院選立候補予定者が開催し、小沢一郎・党代表代行らが出席。ステージの後ろに、二つの赤い円を上下に重ね合わせたデザインの同党のマークが掲げられたが、麻生首相は17日の討論会で「よく見ると、国旗を切り刻んで上下につなぎ合わせていた。民主党のホームページにも載っている。とても悲しい、許し難い行為」と追及した。

質問:何の現場だ 馬鹿野朗!?

 鳩山代表は謝罪したうえで、「我々の神聖なマークなので、マークをきちんと作らなければならない話だ」とも述べた。民主党関係者は「(国旗は)党のマークを表すために支援者が持ち込んだものと聞いている」と説明。同党のホームページからは同日、この会場の模様が写った写真が削除された。

 同党のマークは下の円がゆがんだ形。「今は完全ではないが、雪だるまも転がしているうちに大きくきれいな球に育つ」(1998年の結党当時の菅代表)という思いを込めたためだ。しかし、問題の会場では、下の方もきれいな円になっていた。

海外では国旗への侮辱行為に刑事罰を科す国も多い。フランスでは公衆の面前で国旗に侮辱行為をした場合、7500ユーロ(約100万円)の罰金刑を定めている。集会で同じ行為をすれば、加重刑として6カ月の拘禁刑が科せられる。中国やカナダ、ドイツ、イタリア、米国も国旗への冒涜(ぼうとく)や侮辱、損壊などに処罰規定を設けている。

 日本では外国の国旗への侮辱行為などは外国国章損壊罪があり、2年以下の懲役か、20万円以下の罰金が科せられるが、国旗への侮辱行為には規定がない。昭和62年の沖縄国体会場で日章旗が焼かれた際は器物損壊罪が適用された。

鳩山氏は戸惑いながらも「けしからんことで申し訳ない」と陳謝し、その場を収めた。

 民主党鹿児島県連は共同通信の取材に対し「熱心な支持者が手作りして持ち込んだものを現場担当者がせっかくだからと掲げてしまった」と釈明している。


鳩山代表は謝罪したうえで、「我々の神聖なマークなので、マークをきちんと作らなければならない話だ」とも述べているが、党のマークの崇拝は影でやってくれと言いたくなってしまう。

仮に“本当に”熱心な支持者が切り貼りの党旗を作成したとしても、それをそのまま掲げるところは『流石、反日の民主党』といったところ。

日本を蔑ろにする本質が今回の“国旗の切り貼りでの党旗”として表れた。
党旗は神聖?
それは、党ありきの考え方からの発言だからであろう。
国旗(国)をそれ以下としてしか認識出来ない民主党に、日本の未来を任せられるのだろうか。

国民の一人一人にもう一度問いたい。
その黄色掛かった色眼鏡を外し、マスメディアによって当てられたスポットライト(演出)を外してもても、心の底から“民主党”が輝いている(政権交代にふさわしい)と言えるのか。

客観的に見ても、お世辞にも政権担当能力があるとは思えないのだが・・・・・・。