2009-09-03
巨 人 6-5 横 浜

マウンドは加藤康。
脇谷の代打・鈴木は中堅にヒット。無死一塁。
マウンドには4番手の右腕・真田。
坂本は左翼に16号2ラン!!巨人同点。5対5。豊田の代打・工藤は二塁ゴロ。
小笠原は四球。一死一塁。
ラミレスは左翼にサヨナラタイムリー二塁打。小笠原が生還。巨人サヨナラ。試合終了。6対5。

何かの考えを、ハッキリさせるときには。その考え方が《何を否定している》のか、
何を否定して産まれたか、考えるといい。
例えば《戦後日本の政治原則》となった自由主義・民主主義・平和主義について。

自由主義は。ソ連や日本軍国主義政府が採った《計画・統制経済の否定》だろう。
日本の軍国主義もそうだが、ソ連の計画経済も、戦時共産主義がもとになってる。
反共包囲網の中でソ連(国民)が生き残るには、戦時共産主義経済が不可欠だと、ソ連国民が考えても、ソ連出兵で内政干渉しようとした帝国主義列強に非がある。
愛国主義者だったカストロ&ゲバラらを、ソ連圏に追いやったのも、軍事侵攻だ。
生産設備・生産資材・生産物の没収、国家管理・経済統制は、戦時に可能になる。
自由主義は平和時の思想。
自由主義を標榜するなら、国家主義・軍国主義はない。

民主主義は。軍事独裁政権の思想的背景《国家主義を否定した》のが、民主主義。象徴天皇制が戦後も維持されたように、「天皇制(一般)の否定」ではなかった。
国家の主権者は、国民であって、天皇を担いだ権力者が、主権を握るのではない。
民主主義は、天皇に国家主権があると主張していた「国家主義を否定した」のだ。
民主主義が《国家主義の否定》なるが故、国家主義者は民主教育を否定する。

平和主義は。いうまでもなく戦争の反省。日本は資源調達を、海外侵略に求めた。
大砲から食料は出ない。国民あっての国家。軍国主義は国民を餓えさせる愚策だ。
平和主義は、昔の日本軍国主義・今の北朝鮮先軍政治の《軍事優先主義の否定》。
外からみているとよくわかるが、北朝鮮政権の守りたいのは《キム王朝》の生存。
何のことはない。現政権と、それに癒着している「彼ら自身の保身」にすぎない。

日本の事独裁政権が守ったのも、国民でなく《現人神・天皇の取り巻き》だった。

イケイケ・ドンドンの強硬派が勇猛果敢とされ、現実派が弱腰と非難されたのは、北朝鮮外交・拉致問題の解決に何の実績もない「強気一辺倒」外交と同じだろう。
皮肉なことに、日本軍国主義の系譜をひく政治勢力が「拉致問題」を弄んでいる。
《力の政治》では、同じく《力の政治》を信奉する、バカ政権との交渉は不可能。
ヤクザとヤクザが「手打ち」するのは「ドンパチやった後」というのが相場だが。
国民が、国家のドンパチに付合わされたら、堪らない。平和主義が国是の由縁

オバマと上手く話せたかいオバマを騙くらかした?それとも福島瑞穂を切り捨てるのかい?

民主党鳩山次期政権に物申す
小沢一郎のモノマネを政治家がしたら、日本の法治国家としての働きが消える!秘書が逮捕された以上、国民に対して道義的責任があるはず!
責任の所在を明確にしろ!
それに増して己の故人献金の疑惑を晴らせ!