2009-09-09
『もの言えば・・・』

 いつの間にか日が暮れる時間が随分早くなっていて、すっかり秋の気配を感じる頃となってしまいました。こころなしか少し淋しさすら感じます。
 凉を感じる為のものだろうと思われる風鈴と云うものがありますが、私はあまりいいものだとは思いません。取付けている本人は全然気付いていないだろうと思われるのですが、まわりでは始終同じ音を聞かされ続けて結構うるさいものです。
そうした終始音を出し続けているような音の暴力と云うものも私達の回りにもかなりあるものです。
 選挙の宣伝カーは一時的なものですが、それも終わりました。
「政権交代の為の政権交代」をしか唱えていなかった様に聞こえたのですが、それが通りました。

会津西海道・大内宿


日本人は他人とほとんど同じである事を望むようで、この程度の事で格差、格差と云うのもどうかなと、全く底辺の方に居る私ですら思うのですが。その格差の元が「郵政民営化」によるものだとは、中々気付かない様な論理でしたが、この方はこの度居なくなりました。
色々耳に優しいだけの言葉では今後どうかな?とは思うのですが。
 この春に特に自転車にかかわる交通法規が変更されて、子供二人を乗せた三人乗りが、自転車の機種に限っては認められる事になりました。他には、ヘッドホンを付けて音楽を聴きながらの運転や、携帯電話を使用しながら、あるいは傘をさしての乗車と云うのが、それぞれ五万円以下の罰金と云う事が明記されました。
子供二人のお母さんが前後に子供を乗せてと云うのは既に回りで沢山見かけていますが、その方達が認定型のかなり値段も高い自転車に買い替えるとは全く思えませんが、それは正式には違反になります。私等はアイポットや携帯電話で自転車はやりませんが、傘さし運転は必要に応じて日常的にやっています。
高齢者の自動車の運転に「もみじマーク」を強制する事はさすがに、一般の評判が悪くて取り下げになりましたが、自転車の傘さしはあまり反対される事も無く通ってしまいました。
今後はこれでいつ捕まるのかと思うと気が気ではありません。合法的に警察官が言いがかりを付ける事が出来る事になった訳です。
飲酒運転による轢き逃げ事故なんて云うひどい事はさすがにこのごろでは警察官位しかやらないでしょう。ところが、こう云う連中に、善良な民間人を何時でも引っ張れるような口実を設ける事の危険を大いに感じます。
 このコラムも、二ヶ月程休んで、久し振りと云う事になりますが、六月末の前号の終わりに少し触れた様に、このコラムは私が私の友人知人宛てにメールで一方的に送りつけているものですが、場合によっては多少なりとも迷惑に感じておられる方もあるんではないか?と云う事が何時も気に掛かっておりました。ちょうどその矢先に予感が的中する出来事があり暫く休んでおりました。休止中には、再開をうながす声も多少は頂きました、ありがとうございます。
今回またコラムを再開するに当たっては、過去に年賀状やメール等で、一度でもこのコラムに関しての話題等を頂いた(だろうと思われる)方に限らせて頂く為に、送付先を大幅に削減させて頂きました。それにしても私の方から一方的に送っている事には変わり無いものですから、不要の節はどうか遠慮無くお申し出下さい。大した内容でも文章でも無い私の一方的な思い入れのたわごとですから、考えようによっては大変な迷惑メールでもありますので、おおいに慎重にならざるを得ないところです。 
もの言えばくちびるさむし秋の風、ですが。もの言いが余計な風鈴になってしまってもねえ。


                                     
 2009.09.02.