2009-09-11
拿捕貨物船の北朝鮮製武器は上海で積載

韓国の聯合ニュースは10日、北朝鮮製武器を積んでイランに向かっていた貨物船がアラブ首長国連邦(UAE)で拿捕(だほ)された事件で、武器が入ったコンテナ10個は6月末に中国・上海で積み込まれていたと報じた。コンテナ輸送を請け負ったイタリアの業者が聯合ニュースの取材に対して明らかにした。

以前米軍に同様の疑いで追尾された「カンナム号」

 北朝鮮が中国を経由して武器を輸出している実態が明らかになったことから、国連安全保障理事会の対北制裁決議履行に対する中国の姿勢が問われそうだ。

 業者によると、コンテナを積んだ北朝鮮船籍の貨物船が5月30日に北朝鮮西側の南浦港を出港し、6月1日に中国の大連港に到着した。その後コンテナは中国の貨物船により上海に移動し、同29日にオーストラリアの大型貨物船がコンテナを受け取った。

「北朝鮮船籍の貨物船『カンナム号』

 UAE当局は7月22日、停泊中のこの大型貨物船を検査し、コンテナからロケット弾などとみられる武器を発見し押収した。コンテナは南浦港で積まれた際に封印されており、書類には「オイルポンプ」と記されていたという。(産経新聞)

建国61年迎えた北朝鮮

北朝鮮は9日、建国61周年を迎えた。経済活性化を目指した総動員運動「150日戦闘」が16日の終了を控え最終段階を迎えた時期でもあり、首都平壌では、街やメディアに例年にない高揚感が漂っていた。
 今年は金総書記が8日にロシアと北朝鮮の管弦楽団の合同祝賀公演を観覧、ロシア側団員らと歓談したことが、9日の新聞、テレビなどでトップニュースとして報道された。

北朝鮮建国61周年を記念して開かれた音楽公演=9日、平壌市内

国連外交筋によると、アラブ首長国連邦(UAE)当局が、北朝鮮からイランに向けて武器を運んでいたバハマ船籍の船を摘発していたことが28日、明らかになった。
 武器輸出は国連安全保障理事会が採択した対北朝鮮制裁決議違反にあたり、UAE当局は摘発の事実を安保理に付属する北朝鮮制裁委員会に報告した。今後、同委員会が対応を協議する。
 外交筋によると、検査は数週間前にUAE領海内で行われた。数種類の通常兵器が、一般の積み荷に偽装されて積載されていたという。制裁委員会は、輸出先のイランにも経緯を問い合わせるなどの対応を取っているものとみられる。

北朝鮮建国61周年記念の音楽公演で、席に向かう金永南最高人民会議常任委員長(手前)

京畿道漣川群で臨津江の水位が上昇、流された韓国人6人を捜索するレスキュー隊


 対北朝鮮制裁決議を受けた動きとしてはこれまで、武器輸出が疑われていた北朝鮮の貨物船が公海上で米艦船に追跡され、途中で引き返したことがある。この際は、積み荷の検査は行われなかった。

京畿道漣川群で臨津江の水位が上昇、流されて行方不明になった韓国人6人を捜索する韓国軍

何時迄経っても下らないアリラン公演で余計な経費を費やし爆弾を振り回しては浪費を繰り返し挙句の果てには故意による数千tの水の放流。 何を如何考えれば良いのか